脳汁生活。

脳汁生活

無重力アパシーなる日々。

問い続けろ、答えの奴隷になるな。

答えは探さなくていい。


(※本記事は、前にちょっとだけやってたブログの記事を一部改変したものです。)

 

半年くらい前ですかねえ。とあるNPO法人のワークショップに参加して来たんですよ。

 

そこで、主催者の方がある言葉を語ったのですが、それが深くて深くて・・・

それ以来、僕の人生の座右の銘的なものになってます。

まあ、こんな言葉なんですけどね。

 

人生とは答えを求めるではなく、問い続けるもの。

答えを持つと、人はその答えに縛られ、答えの奴隷になってしまう。

問い続けていく中で、君の生き方が答えになっていく。

 

・・・深イイイイイ。

よがり狂っちまうほど深い。

 

 

座右の銘と言っておきながら、上手く消化できていない部分もありますが、確かにそうだなと。
 

 

問い続ける勇気を持て。

僕らって、人生の『答え』を何としてでも見つけようと躍起になってますよね。

もし仮に、やっとの思いで、「これだ!」と思える人生の答えを見つけたとしましょう。それにすがらない訳にはいかないですよね。

 

「その『答え』は本当に正しいのか?」

「そもそも答えって何?」

やっと見つけたのに、『答え合わせ』なんかしたくない。

 

これが、人間の抱える葛藤です。

 

そして納得しないまま、仮置きの答えを、とりあえず生きる。これって答えに縛られて生きてますよね。一種の思考停止状態。

 

答えの詮索はもう辞めましょうよ。まだまだ未熟な生ですが、僕も、問い続ける人生を送ってきました。

 

「人は幸せに生きていないんじゃないか?」と問い、

「幸せとは何か?」と問い、

「人はどんな時に幸せを感じるんだ?」と問い 、

「僕はどんな時に幸せなのか?」と問いています。

 

まだ、どの答えも見つけていません。

でも、ずっと問い続けると思います。答えは見つからないだろうし・・・

それに、答えが見つかっちゃたら、それに縛られるようで嫌じゃないすか(笑)。

 

僕は自分の内側を『書いて』表現することに、幸せを感じてますが、その表現方法は書くことだけに限らないですからね~。

 

色々試しますよ~、人生豊かになりますからね。

人は変化し続けるんですよ。今の時点の僕の答えに、未来の自分が縛られる必要はない。

 

 

ぴょいぴょーい!