脳汁生活。

脳汁生活。

脳汁ブッシャーーー、ああ気持ちいい。

何でもかんでもルールで縛ろうとするから、上手くいかないんだよ。

なんなの、その縛りプレイ?

日本社会はドMが多いんですかねぇ。
これは、企業や学校に見られる特有の性癖だと思いますね。ルールきつくね?!って思ったことありませんか?
合理的なものなんてほとんどないわけですよ…ルールだから!の一点張り。意味不明でちゅー。
 
例えば、僕、中学校の頃とか白以外の靴下禁止とかいう、謎の緊縛プレイがあったんですけど、理由もないんですよね。とにかくだめ。規則だからだめ。
 
オフィスカジュアルという、めっちゃ便利な言葉もそうだと思いますよ〜。そのさじ加減は日本人の数ほど存在しますからね…もういっそのことスーツでよくね?って思うわけですよ。
 
いや、憲法とか法律で決められてることなら、納得感ありますよ、多少はね。でも世の中には理不尽で理解不能なルールが存在するんですよ、確かに。
 
なぜ、僕らはルールを守らねばならぬのか、そもそもルールはなぜ存在するのか?
思考を止めたらいけませんよね。
 
 

ルールとは、統制するためのもの。

 
これに尽きるでしょう。
人とは一人一人が異なる存在で、価値観も様々なので、ルールという共通の基準が必要なんですね。
じゃないと、カオスになるわけです。まあ、僕はカオスの中にこそ新しいものが生まれると思ってるんですけどね…
規制は進化を阻むものなので。人が多くなればなるほど、規制は厳しくなっていきます。だから大企業はあれだけ規制、規制なんですよね。
人の目が届かないから、ルールで縛るしかない。ほら、個人情報垂れ流したりとかあるじゃないですか。
 
その時点でもはや、マネジメントできてないないですよね…
人増やしすぎて、もう管理できるレベルを超えてるんですよ…だから、規制を厳しくする。クールじゃないなあ。
規制が厳しくなれば、自由を求める社員たちは離れ、イノベーションも遅れる。ああ、ほんといいことないなあ。
 

目的があれば、ルールなんていらない。

当たり前ですが、最低限の良識は必要ですよ?それを踏まえた上で。
ビジョンや目的が明確であれば、ルールなんていらないんですよ。
創業期のベンチャーなんてそうですね。目的が共有されているから、自分たちが何をすればいいのか、しなくていいことは何かが分かるんですよ。
自分たちで仕事も時間もマネジメントできますからねぇ。
 
あなたの組織の目的やビジョンって何ですか?あなたの仕事は、そのビジョンとどんな関係があるんですか?
その規則は本当に守らねばいけないんですか?あなたが守ろうとしているのは、規則という檻に守られた、一時的な安定じゃないんですかねえ。
 
大きな企業は、叩かれ耐性がないですからね・・・その点は、ホリエモンさんや乙武さんはすごいと思いますよ。

NHK バリバラ | 目を覚ませ乙武さん バリアフリーのために!

これが個人と組織の本質的な違いなんでしょうね。個人にはルールなんてないですし。

 

ルールで縛ることは、創造性とモチベーションを下げますからね・・・イノベーションなんて起こらないですよ・・・
そういったルールに疑問を持つ人材が、そういった革新の旗を掲げていくんですけど、今の日本の大企業組織では、難しいでしょうね・・・勝手に自分でやっていきそうですよ。
そういう、ルールで縛り上げきれない、異質で優秀な人材を手放していくことで、みるみる衰退していくわけですね。

 

自分たちを守るための保守努力が、ルールになっているじゃないですか。本当にとろいんですよ・・・分かりますよ。守らないといけないものがあまりにも多すぎるから、ルールをつけるしかないんですよ。
でも、そのルールに守られていても、結局、最低限の働く権利を得ているようなもので、よりよく働く権利なんてものはないわけですよ。

 

ルールは最初にあるものではないんです。いや、あってはならない。それは、あらゆる思考と行動を規制し、自由な創造を妨げる凶器ですからね。
本来の目的に立ち返った時に、本当に大切なものが見えてくると思うんですけどね。

 

 

ぴょいぴょーい!