脳汁生活。

脳汁生活。

脳汁ブッシャーーー、ああ気持ちいい。

詞。『Angel』

雲の上に住む、可憐な少女のお話。

f:id:usagoke:20170415114011j:plain

 

怖れるほどに純白なその空よ

 

・・・・・・

 

雲の線をなぞるように 曖昧なまま

僕の瞳はゆれる

ちぎられた羽が 風に吹かれ

空に抱かれ そっと落ちてゆく

 

頭上で踊る おぼろげな月に

僕の心は映される

少女は帰りを待ちわびて

目を閉じ深くまで沈んでゆく

 

あの泡のように浮かべたら やわらぐ光の中・・・

記憶が僕をかき回して

透明な羽を広げ また・・・舞い上がるよ

into the sky

 

夢の中でさえも 僕を締めつける

(消えないで 覚めないで)

ああ穏やかな腕に 守られて

終わりない吐息を 聞いていたい

 

ああ このゆりかごは外され まだ舞い上がるよ

into the sky

光が天使の邪魔をして

悪戯な笑みを浮かべてる

 

・・・・・・

 

ぴょいぴょーい!