脳汁生活。

脳汁生活

無重力アパシーなる日々。

生きていくことは何かを残すということ

f:id:usagoke:20170613225753j:plain

 

こんにちは、たっくん、たまに図2 (@usagoke_poepoe) です

 

 

 

 

何かを残していく生き方

 

鳥居さんのブログにこんな記事がありました

 

若者の道にしたい欲求、それは後世に残すための手段としてなのかもしれない。 | 隠居系男子

 

過去の遺産や歴史にしたくないから、道にする。

確かになくなるのは辛い。でもなくなるのは自明である。

それは「もう既に起こった未来」なわけです。

だからこそ、道にする。

過去の遺産や歴史にしたくないから、道にする。

それが本当の意味で、後世に残すための手段なのではないのかなぁと思うわけです。

その土地で育まれたもの、その土地の気候風土に根付いているからこそ得られる感覚というのは必ず存在するはずですから。

 

分からないから残したいという、当たり前の気持ち

 

僕ら若者は、仕方がないという理由で物事を選択をしていくことが多いなあと感じています

 

みんなが大学に行くから(行きたい理由はないけれど)大学に仕方なく入る

 

入りたくはないけれど(生きていくしかないから)仕方なく就職する

 

僕にもそういう部分がありますが、この生き方は、苦しいなあと思うんです

 

でも、その苦しい生き方を選択することすら仕方なくて

 

正解がなく、分からない世の中。どう転んだって明るい未来が待ってるかは分からない

 

そんな時代において、僕らは何かを残そうとしているのかなと思うんです

 

それが正解かは分からないけれど、必死にもがいたその痕を残したい

 

仕方ないと割り切りながらも、自分の生きてる証を手にしたい

 

自分の生きた痕というのは、何よりも自分を証明するものなのかなと思います

 

そのために僕らは、何によって覚えられるか?という問いに向き合う必要があるのかなと思います

 

 

 

何を残して生きていきたいか?自分はどんな風に覚えられたいか?を軸に、生きると自分の取るべき行動がクリアになっていくような気がします

 

 

 

ぴょいぴょーい!