脳汁生活。

脳汁生活

無重力アパシーなる日々。

創造性を高めるための『#いらない物リスト』を内向型人間が作ってみた

f:id:usagoke:20170830233109p:plain

 

Twitter界隈がなにやら騒がしい・・・

 

 

 

いらない物って案外多い。

 

僕ら内向型人間にとって、本当に必要なものは、自分の感性を刺激したり、好奇心を満たしたり、考えを深めたりするもの。

 

それ以外の雑多なものに、時間やお金や心を使うなんて、もったいない。

 

創造的な人生を送るためには、自分にとって必要なもの・心地よいものだけで過ごす環境を作っていかなきゃいけない。

 

そこで内向的で、ポエマーを自称する僕が、「#いらない物」リストを作ってみました。

 

本当に創りたいものは、本当に必要とするものの中でしか生まれない。

 

 

 

集中できない環境はいらない

 

雑音、鳴りやまぬLINEにTwitter、混んでいるからPC出せないカフェ、人目が気になってしまう場所。

 

集中できない環境はいらない。

 

あなたは日頃、どれほど集中しているだろうか?

 

人間が1日に集中できる時間は限られている。

 

その限られた時間の中で最高のパフォーマンスを発揮するためにも、「集中できない」と感じる環境からは抜け出そう。

 

 

 

正しさはいらない

 

正しさを追求するより、楽しさを追求した方が絶対にいい。

 

これは楽しいことかな?っていう問いを持って、人生を選択した方がワクワクする。

 

正しさは、社会や他人が勝手に決めたもので、時代のなかでどんどんアップデートされていく。

 

そんなもんに振り回されたくない。

 

自分を見つめてきた人なら、自分の直感に勝る正しさはないと分かるはず。

 

 

 

過度な不安はいらない

 

不安をすべて避けることはできないし、多少の不安は、「なんとかしなくちゃ」というエネルギーになるから必要だ。

 

だけど、「どうしていいか分からない」と思考停止になるほどの不安を抱えるのは、マズイ。

 

常に不安を抱えた状態では、正常な判断もできない。

 

ましてや、創造的な思考が働く余裕なんてない。

 

抱えきれないほどの不安があるなら、まずは書き出して整理してみよう。

 

漠然とした不安を、解決できそうな不安にまで分解することから始めよう。

 

 

優秀さはいらない

 

誰かにとっての、優秀さなんていらない。

 

何が優秀か?っていう評価は人や組織によって違うから。

 

誰かの優秀さに自分を合わせにいく必要はない。

 

等身大の自分を表現していれば、それを「いいな」と思ってくれる人がいるから。

 

 

 

他人への興味はいらない

 

内向型人間にとって、興味関心のベクトルは自分の内面や、気になる人や価値ある言葉。

 

「パンケーキ~♪」、「彼氏がぁ~(> <)」しか言わない友人や知人に興味を持てなくても当たり前だ。

 

自分が価値を感じられないと思った人に、無理をして興味を持つことなんてない。

 

誰に、何に興味を持つかなんて自由だ。勝手に決めていい。

 

 

分かり合うことはいらない

 

人はいつ、何をもって、分かり合えたことになるのか。

 

その基準なんて、めちゃくちゃ曖昧なもの。

 

 人は生まれながらにして違う存在。

 

分かり合おうとするんじゃなくて、その違いを、そのままにしておけばいい。

 

他人を理解しようとするエネルギーを、自分を理解しようとするエネルギーに使おう。

 

自分を理解し、認められきゃ、他人の違いも認められやしないんだから。

 

 

 

トレンドはいらない

 

流行りは廃り。

 

波に乗らなければ、浮くことも沈むこともない。

 

誰かが作った波に振り回されて、時間やお金や心をすり減らしたくない。

 

周りや世間がどう騒ごうが関係ない。

 

一番大事なのは、自分の世界観のはずだ。

 

 

他人との比較はいらない

 

内向的な人の多くは、幼い頃から自分の内面を見つめ、行動してきたはずだ。

 

隣の芝生は青く見えるかもしれないけど、他人の人生が心地よいとは限らない。

 

他人を羨むんじゃなくて、昔の自分が羨むように生きていこう。

 

僕らは、いつだって、自分の価値観と比べて生きてきたはずだろう?

 

自分が理想とする創造的な人生は、自分を見つめ続けてきたあなたにしか、創れない。

 

 

 

時間を気にしない

 

時間を忘れるほどに、何かに没頭して過ごすのって、最高に気持ちがいい。

 

大人だけじゃなく、子どもまでもが時間に追われ、常に時間を気にしている。

 

仕事に、家事に、宿題に・・・

 

それは本当に、自分がやらないといけないのか?という問いを持とう。

 

没頭は時間を超越する。

 

時間を気にすることなく、やりたいことだけに、打ち込む日々は幸せなはずだ。

 

 

 

生き急ぎや焦りはいらない

 

スピードや変化を求められる時代だからこそ、じっくりと自分に向き合いたい。

 

人生はそれぞれ違うのだから、生きるペースだってそれぞれ違うはずだ。

 

成果を求めるために、生き急いで、焦って、中途半端になってしまうのは本末転倒。

 

僕の好きなバンドの歌詞が胸に刺さって消えない。

 

諦めないなら焦る事もないさ

 

 ELLEGARDEN 『スターフィッシュ」

(スターフィッシュ - YouTube)

 

 

 

 

ロジカルはいらない

 

分かりやすいもの、説明できるものを人は好む。

 

ブログなんていい例だ。端的に分かりやすい文章は、読み手にストレスを与えることなく、スッと入っていく。

 

でも、それだけじゃつまらない。分かりやすさだけなんて、いらない。

 

説明できないけど、「何か美しい」と感じた、その出来事や心の内を表現したい。

 

そういう抽象的で心象的なものは、読みづらいし、「どんな意味なんだろう?」と読み手に負荷をかけてしまう。

 

でも、ごめん。

 

その説明できない美しさに惹かれるんだよ。そんなロジカルとか論理を超えた感情に、何度も出会いたいんだよ。

 

いつか行こう 全生命も未到未開拓の感情に ハイタッチして

RADWIMPS 夢灯篭

夢灯籠 - YouTube

 

僕にとって、それはを書くことだったりする。

 

何か分かんないけど、好き。って感情を大事にしたい。

 

 

 

 

答えはいらない

 

 人生に答えなんていらない。

 

答えを持つと、人はその答えに縛られ、答えの奴隷になる。

 

その時点で決めた答えをもとに生きてくなんて、自分の可能性を狭めてるようなもん。

 

必要なのは、問い続ける勇気だ。

 

 

 

以上が、内向型人間が作った、創造性を高めるための『#いらない物リスト』です。

 

ふと、日常の中で「これ、いらんな~」と思ったら加筆・更新していきます!

 

ぴょいぴょーい!