脳汁生活。

脳汁生活

無重力アパシーなる日々。

える、セレンディピティってしっているか

こんにちは、たっくん、たまに図2 (@usagoke_poepoe) です

 

 

宿敵は1センチくらいの段差です

 

 

バイザウェイ・・・

 

 

えるしっているか

 人間はセレンディピティしか

食べない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セレンディピティ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その言葉を口にした時、ふいにこみ上げる感情と昨日のニンニク

 

 

「ニンニクマシマシヤサイ、セレンディピティの大盛りをハーフで」

 

 

満員電車に揺られているとき、ふと思い出す

 

 

「一昨日の夕飯のハンバーグの付け合せのブロッコリー、味無かったな」

 

 

そう感じてしまえば、もう止まらない

 

 

頭の中のセレンディピティは飽和状態で、既に溢れ出している、これではいけない

 

 

小籠包の肉汁をそのまま垂れ流しているのと一緒だ

 

 

「アーユーチャイニーズセレンディピティ?」

 

「ノー、アイアムベトナムセレンディピティ

 

パクチー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなんだ、なんなんだ、セレンディピティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこまで我々を惑わせ、喜ばせ、苦しめれば気が済むというのだ、小悪魔か?Agehaなのか?マルキューには、ポルノ色したAgeha蝶揺らぐその景色の向こう、近づくことのできないオアシス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにをしているんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

  

 

 

 

 

でも、セレンディピティを知っている、セレンディピティに導かれている

 

 

生まれたときから常に、セレンディピティと一緒だった

 

 

あの赤子をあやすカランコロンするおもちゃ(現世では鬼車?と呼ぶのだろうか)と一緒にセレンディピティをカランコロンすると、僕は「へへ、セレ、セレ」と笑い、両親の顔はほころび、最上の喜びで包み込んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、両親は台所で泣いていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、無事に小学生になった

 

 

小学生のクソガキにとって、唯一絶対の神は、足が速い奴だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーターかよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足が速いだけでなぜモテるのか、他にもあったはずだ、なのに、なぜ速さなんだ

 

 

スピードを求めるなら、人類への進化を選択したのは間違いだ、トリとかウサギでもいいじゃないか、

 

 

ああ、だから、小屋にいるのか

 

 

小学生のクソガキにとって、唯一絶対の神はもうお一人いる

 

 

 

 

 

 

 

 

チーターかよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セレンディピティでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神々しい輝きを放つセレンディピティの星は12個。レリーフレアだ。光属性の天使族。生贄が3体も必要なんて、すごいよ兄さま!!!少しだけ乳がはみ出していて、大人への登竜門的な存在だった

 

 

もちろんそんなレアカードを持っていると、たちまちクラスの女子の注目を浴びる

 

 

「ねえねえ、最近のセレ君、なんかかっこよくない?」

 

「分かる分かる!地衣寅雄君たちグループと仲良くするようになったしね~」

 

「なんか、自信に満ち溢れてて、すごい人気だし・・・」

 

せーの「いいな~~~」

 

 

 

 

感じる・・・感じるぞ・・・この後、校庭に呼び出されるのを。靴箱にラブレターが入っているのを。黒板に相合傘が書いてあるのを・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

なんなんだ、なんなんだ、セレンディピティ

 

 

一人の少年の人生まで変えてしまうというのか

 

 

 

 

いいなああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして時は経ち、二人の男女の影が、薄暗い店内で揺れ動く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしているんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねぇねえ、セレせんぱ~い♡今夜は帰りたくないなあ♡」

 

「・・・」

 

 

セレ先輩は、世界145ヶ国にクライアントを抱える、外資コンサルティングファームセレンディピティ』のシニアマネージャーであり、朝は6時に起床して、セレンディピティ・ヨガをすることが日課の、りゅうちぇる似の男だ、好きな食べ物は、チンジャオロースの赤ピーマンである

 

 

同時に敏腕ムキムキのコンサルタントである、りゅうちぇる似のセレ先輩は、あらゆるクライアントの課題を解決してきた、彼に解けない課題はないのだ、夏休みの宿題はりゅうちぇるに任せればいいのだ

 

 

りゅうちぇるは、課題解決に励むあまり、身近にいる部下の心の課題までもを解決してしまったのだ

 

 

「せんぱ~い♡のナレッジでア・タ・シのクリティカルなイシューをちゃ~んとMECEしてゼロベースでエクスタシーなアジャイルにして、ア・タ・シのキャズムをブレークして~♡」

 

「ねえ、ちょっとまってよ~☆ねえねえ、なんかねえ☆やばいよね~☆ちぇるちぇるらんどの王子様だもん、ねえ☆そんなことできないよね~☆やだあ☆」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしているんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、TOTO気づいてしまった

 

 

ここまでお世話になったセレンディピティのことを、実は何も分かっていないのではないか

 

 

ああなんという不届き者。スピードが命のヤマトの兄さんにブチ切れられるぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーターかよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知りたい、ああ、知りたい、永遠の輝きを、見果てぬ夢を、燦然たる美しさを

 

 

 

セレンディピティserendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。

 

また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。

 

平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

 

セレンディピティ - Wikipedia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぺちゃパイが、谷間の魔女と出会い、爆乳戦士になることというわけだ

 

 

なんなんだ、なんなんだ、セレンディピティ、すごいぞ、セレンディピティ

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである

 

 

日本語に訳すと

 

 

棚からぼた餅だ

 

 

ダっさwくそダッサwww

 

 

略すと

 

 

たなぼた

 

 

YAZAWA

 

 

TANABOTA

 

 

願いは

 

 

七夕

 

 

足が速くなりますように

 

 

ぴょいぴょい